インプラント


院長:地川 弘一

CHIKAWA DENTAL
理事長・歯学博士 : 地川弘一
Drプロフィールページ

MENU

トップページ

当院の歯科治療

スタッフ紹介

院内の写真

インプラント

ホワイトニング

噛み合わせの精密検査

審美歯科

矯正歯科

入れ歯(義歯)治療

当歯科口腔外科

料金表

デンタルローン

スタッフ募集

患者の気持ち

海外研修

ドクターズファイル

④他の治療方との比較は?

- 歯を失った場合の、3 つの主な選択肢 -

インプラント

顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入し、被せものをして人工の歯を作る治療法です。顎の骨と人工歯根が生物学的に結合し強固な土台となります。

長 所

・噛む力が天然歯の約80%まで回復します。違和感はほとんどありません。

・審美性に優れ、歯肉の内側から、まるで天然歯が生えているように見えます。
 (ケースによっては天然歯とほとんど区別がつかないような治療が可能です)

・ブリッジや入れ歯のように周りの歯に負担をかけたり、削ったりす る必要がありません。

・噛んだときに、顎に天然歯と同じように刺激が伝わるので、顎の骨が痩せません。

短 所

・インプラントを顎の骨に埋入するための処置が必要です。

・健康保険の適応外です。

・治療期間が長くかかります。

費 用

・ケースによって手術の難易度が異なります。また治療の範囲によって埋入する本数が変わりますので、事前の診断から算出し、お伝えしております。全て自由診療となります。

ブリッジ

失った歯の両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を被せる治療法です。

長 所

・固定式のため装着しても違和感があまりありません。

・部位(場所)によっては天然歯と区別なく見えることもあります。

・治療期間が比較的短いです。

短 所

・ブリッジは失われた歯を両隣りの歯で支える仕組みです。
 そのため、1本の歯を治療するのに、たとえ両隣りの歯が健全であっても多く削らなければなりません。

・支えとなる両隣りの歯に負担がかかり、将来その歯を失う危険性が高くなります。

・ブリッジの真中の部分(歯根がない部分)は歯肉との間に隙間ができ、清掃しにくくなります。
 (口腔内が不衛生になりやすい)

・空気が漏れて発音しにくくなることがあります。

費 用

・使用する材料により、健康保険適応のものと、自由診療のものとで費用が異なります。

入れ歯・部分入れ歯

失った歯の代わりに、取り外し式の人工の歯を入れる治療法です。

長 所

・ブリッジの治療では行えない、多くの歯を失った場合(総入れ歯など)にも適応できます。

・隣の歯を削る必要がありません。(少しだけ削るケースもあります)

・治療期間が比較的短いです。

短 所

・バネにより、ブリッジ同様、隣の歯に負担がかかることがあります。

・噛む力は天然歯の半分以下で、食べる物が若干制限されます。

・温度を感じにくく、食べ物の味が若干わかりづらくなります。

・固定式ではないので、食事や会話の最中に外れることがあります。

・取り外して入れ歯のお手入れをする必要があります。

・入れ歯と歯肉の間に食べ物が挟まり、衛生状態が悪くなることがあります。

・種類によっては2年位での作り直しが必要となります。

・不使用の期間があると、噛み合う歯がとび出てしまうことがあります。

費 用

・使用する材料により、健康保険適応のものと、自由診療のものとで費用が異なります。

まとめ


インプラント治療は利点が多く、お選びになる方が少しずつ増えております。

▲PAGE TOP ▲PAGE TOP