インプラント


院長:地川 弘一

CHIKAWA DENTAL
理事長・歯学博士 : 地川弘一
Drプロフィールページ

MENU

トップページ

当院の歯科治療

スタッフ紹介

院内の写真

インプラント

ホワイトニング

噛み合わせの精密検査

審美歯科

矯正歯科

入れ歯(義歯)治療

当歯科口腔外科

料金表

デンタルローン

スタッフ募集

患者の気持ち

海外研修

ドクターズファイル

⑪ 歯を全て失くされた方へ

- 食生活を豊かにするために -

これまで、ほとんどの歯を失ってしまった方が選ぶことのできた治療法は総入れ歯が一般的でした。しかし、総入れ歯は「違和感が強くて入れていられない」「大きく笑うと入れ歯が浮いてくる」「家族と同じメニューが食べられない」「美味しく食べられない」「会話をするのが億劫になる」「外食が面倒になった」などの短所が見受けられました。総入れ歯でお困りの方にお勧めできるのが、これらのインプラント治療です。

ボーン・アンカード・ブリッジ | 固定性の義歯

インプラントを利用した「ボーン・アンカード・ブリッジ」という術式は全ての歯を4~6 本のインプラントで支えることで、義歯を取り外し式ではなく固定制にする画期的な術式です。歯科医師までご相談いただき、「ボーン・アンカード・ブリッジ」で「力いっぱい噛める喜び」を実感してください。

アタッチメント | ボタン型のインプラントを2 本埋込し、入れ歯を固定

全く歯のない方も、入れ歯とインプラントをボタンで留めてしまうことで、「浮き上がらない」「落ちてこない」「しっかり噛める」「傷が付きにくい」「入れ歯が小さくなった」などの恩恵を受けることができるようになりました。


インプラントに支えられた入れ歯は外れることもなく、大きくお口を開けても、浮き上がってきたり、落ちてきたりすることはありません。痛みもなくなり、何でも美味しく召し上がれます。入れ歯のように食べ物が挟まったり、時間の経過とともに入れ歯が合わなくなる、といった悩みも大幅に軽減されます。


歯科医療も日進月歩です。
どうぞ、自分の歯はこんなものだと諦めずに、お気軽にご相談ください。


※ アタッチメントを使用した義歯は完全な固定式ではないので、取り外しが必要になります。取り扱いは普通の入れ歯と全く変わりませんが、新しく入ったインプラントのケアは必要です。

▲PAGE TOP ▲PAGE TOP