Co2レーザー|国分寺の歯科医院 チカワデンタル

  • 診療時間外はWEB予約

Co2レーザー

歯周病治療、知覚過敏、メラニン色素除去、インプラント治療など様々な場面で活躍中です。

当院ではCo2(炭酸ガス)レーザーを導入しております。
生体にたいして最も安全と言われているレーザーで、多くの医療分野で使用されています。
歯科治療においても同様に、Co2レーザーは様々に活躍しています。

歯周病治療(歯槽膿漏)

Co2レーザーの照射光には高い殺菌効果あり、歯と歯茎の溝「歯周ポケット」の奥深くまで殺菌することが可能です。化膿している場所にも照射し治療を行うことが可能です。

知覚過敏

冷たい物を飲んだ時、ブラッシングの時など歯がしみるといった自覚症状がある場合は知覚過敏が考えられます。
Co2レーザーによって、歯の表面に薄い膜ができて細かい傷を塞ぎ、歯の神経を保護することで痛みやしみることを防ぐことができます。

メラニン色素の除去

メラニンという色素により、歯茎が黒くなることがあります。
Co2レーザーはこの黒ずみをきわめて短時間で除去することが可能です。
数日後には、きれいなピンク色の歯茎に生まれ変わります。

インプラント手術

インプラント治療とは、失った歯の代わりに、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、被せものして人工の歯を作る方法です。
Co2レーザーによって、手術時の止血効果のみならず、同時に消毒や組織の回復を促進します。

治療症例

実症例1

49歳女性

治療内容
◎オールセラミッククラウン
◎レーザー