ホワイトニング


院長:地川 弘一

CHIKAWA DENTAL
理事長・歯学博士 : 地川弘一
Drプロフィールページ

MENU

トップページ

当院の歯科治療

スタッフ紹介

院内の写真

インプラント

ホワイトニング

噛み合わせの精密検査

審美歯科

矯正歯科

入れ歯(義歯)治療

当歯科口腔外科

料金表

デンタルローン

スタッフ募集

患者の気持ち

海外研修

ドクターズファイル

Tion(ティオン)について

患者様の満足度を高めるホワイトニング


ホワイトニングの効果は、単に歯を白くすることだけに留まりません。
白い歯を手に入れた患者様はもっと健康になりたいという意識が高まります。
一方、補綴や矯正治療を行う患者様は、よりきれいにとの思いを持っており、ホワイトニングはそれに応えることができます。
このようにホワイトニングは、その他の診療と相互関係を保ち、患者様の満足度をより高めることができます。

日本人の歯の特性に合わせて開発されたオフィスホワイトニング材『ティオン オフィス』


オフィスホワイトニングはその日のうちにホワイトニング効果が求められるため、高い過酸化水素濃度のホワイトニング材を用いる必要がありますが、濃度が高くなればなるほど知覚過敏など有害事象発生のリスクも高まります。ティオン オフィスは新技術『可視光応答型光触媒V-CAT(TiO2-xNx)』の応用により、比較的低い過酸化水素濃度でも高いホワイトニング効果と低刺激性を両立させた新しいオフィスホワイトニング材です。

V-CAT(可視光応答型光触媒)により、高い漂白効果と低刺激性の両立を実現

リアクターに含まれる可視光応答型光触媒V-CATは、光照射されると電子を放出し、過酸化水素と反応します。
このことにより、ヒドロキシラジカルがより多く発生し、着色物質を効率よく分解します。
このため、ティオン オフィスの過酸化水素濃度は約23%と比較的低濃度でありながら、高いホワイトニング効果を実現しました。


安全な光波長域で反応

一般的に二酸化チタン高触媒は、人体に対して有害とされている紫外線域の光にしかほとんど反応しません。


一方、ティオン オフィスに採用している可視光応答型光触媒(V-CAT)は、二酸化炭素チタンの酸素の一部が窒素に置換されることによって、紫外線域の光だけではなく可視光線域の光にも十分反応し、歯科用照射器を用いたホワイトニングへの応用が可能になりました。


安全にお使いいただけるシステム構成

ティオン オフィスは過酸化水素を安全に歯面に作用させるための工夫がなされています。
歯肉保護レジンはホワイトニングジェルはシリンジAとシリンジBを接合してジェルを混合し、直接ディスポーザブルファイバー付きチップから塗布できるため、安全にお使いいただけます。

ホームホワイトニングで歯を白くする

ホームホワイトニングとは、ホワイトニングジェルを塗布し化学的に歯を白くする簡単な方法です。
はじめに患者様ごとのは歯列に合わせたマウストレーを作製します。
後はご自宅でマウストレーにホワイトニングジェルを塗布し、決まった時間、継続的に装着することでホワイトニングの効果を得る事が出来ます。


歯が白くなるメカニズム

ホワイトニングジェルに含まれる過酸化尿素には歯を傷める事無く、内部の色素を細かく分解する力があります。
継続的に作用させる事により、より深い所の色素まで分解し、歯を白くする事が可能です。


▲PAGE TOP ▲PAGE TOP