歯科口腔外科


院長:地川 弘一

CHIKAWA DENTAL
理事長・歯学博士 : 地川弘一
Drプロフィールページ

MENU

トップページ

当院の歯科治療

スタッフ紹介

院内の写真

インプラント

ホワイトニング

噛み合わせの精密検査

審美歯科

矯正歯科

入れ歯(義歯)治療

当歯科口腔外科

料金表

デンタルローン

スタッフ募集

患者の気持ち

海外研修

ドクターズファイル

歯科口腔外科とは?

歯科口腔外科では困難な親知らずの抜歯、顎関節症治療、良性口腔腫瘍の摘出などを行います。

困難な親知らずの抜歯について

深く骨に埋まっていたり、顎骨の中の太い血管や神経に近い親知らずは、おのずと抜歯が困難なもので専門的な知識が求められます。
そのため、場合によっては病院などの大きな医療機関での治療が必要な時もございます。
しかし、大きな医療機関で治療を行う場合、極端ですが丸一日がかりとなる事も珍しくありません。


当院では、治療が困難であると判断される場合、より適切な医療機関などへのご紹介も行っております。

顎関節症について

症状としては、顎がなる、口が大きく開かない、顎が痛いといった症状があります。
治療法として、専用に型取りをしたマウスピースを装着し、徐々に症状を緩和させて行きます。
尚、特別な治療や手術が必要な場合(顎関節の骨の病気、関節円板周囲の組織にダメージがあるなど)には専門医療機関へのご紹介も行っております。

マウスピースは健康保険適用です。

その他の口腔外科治療について

長期に根の治療をしても治らない、根腐れの部分と病巣を摘出する小手術を行い、歯を保ちます。
また、抜歯した親知らずの歯を保存しておき必要な時に移植する歯牙移植を行っております。


インプラントに比べ治療費も安価で、もともとご自分の歯なので馴染みやすく安全です。
その他、検査にて良性と判断されたものに限り、口腔内にできた腫瘍を摘出する小手術なども行っております。

咬み合わせが及ぼす影響について

咬み合わせの異常が全身の健康に大きな影響を及ぼしている事はご存知でしょうか?
頭痛や首や肩のこり、手足のしびれ、腰痛、顎関節の痛み、動悸息切れ、難聴、めまい等様々な不定愁訴(原因のよく分からない不快感)がありこれら一連を咬み合わせ症候群と呼びます。

咬み合わせ症候群の治療法として「筋肉が決める顎の位置」と「上下の歯が咬み合った際に決まる顎の位置」のズレを調整し、筋肉や顎関節の調和を取り戻す事が重要です。


当院では正しい咬み合せのトレーニングを中心に顎関節症の改善や身体の不定愁訴改善にも力を注いでおります。

▲PAGE TOP ▲PAGE TOP