院長あいさつ|国分寺の歯科医院・歯医者・矯正歯科|チカワデンタル

  • 診療時間外はWEB予約

院長あいさつ

院長あいさつ

院長あいさつ

皆様、ホームページの閲覧ありがとうございます。チカワデンタル院長の地川弘一と申します。

私は1977年山口県生まれです。
父は生命保険会社のサラリーマンで、山口県→宮崎県→茨城県→鹿児島県→兵庫県と転勤を繰り返しました。親族は今兵庫県に定住しており、基本は西の人間です。
昔から手先が器用で、その点を生かした職業の1つとして高校時代に歯科の道を目指しました。
大学は北海道大学へ!またまた引越しです。
アウトドア、ウィンタースポーツ、道東へのドライブ等大自然を満喫しながら伸び伸びと歯科の勉強をさせて頂きました。とにかく大きな大学で、敷地内には池や農場があり、冬には遭難!?する生徒もいたとか・・・。
その後東京医科歯科大学の大学院へと進学し、研究、論文作成と歯科アルバイトの生活を4年間送りました。大都会東京での生活は若い時分にはとても刺激的で、様々な出会いもあり、非常に有意義な日々でした。
博士号取得、大学院卒業後は南町田のこやま歯科医院で勤務医として臨床に没頭致しました。その頃から院長のご指導のもと、インプラント治療、矯正治療を開始致しました。
一般歯科は当然として、歯周病治療、噛み合わせの治療、インプラント、矯正、一通りの貴重な治療経験を四年半させていただきました。

開業地は東京と決め、2010年に国分寺市にてチカワデンタルを開業させていただきました。私が33歳の時でした。
なぜ国分寺市なのかといいますと、都心から少し離れた街が僕の希望の開業地であり、幅広い年齢層の方々の治療ができると思ったからです。

他にも候補の街はあったのですが、国分寺市には焼肉の山水さん、つけ麺の紅葉さんなどグルメ目的でしばしば訪れており、複数の線が乗り入れる大型の街でありながら、親近感の湧く雰囲気に魅力を感じており、国分寺市で開業したいと前から希望しておりました。そしてチカワデンタルのあるラフィネ込山ビルは当時新築で、とても都会的な素晴らしい造りが大変印象的で、見つけた瞬間に不動産屋さんにすぐコンタクトをとり、なんとか開業する所まで進むことができました。とても幸運でした

開業後は、臨床に励みながら、噛み合わせの勉強、歯周病の勉強、インプラントの勉強、矯正の勉強を国内外にて学び続けております。

私の特徴は、各専門の歯科医院を行ったり来たりすることなく、私一人による治療で複雑な治療をトータルで終えることができるという事です。
開業後は多くの地元の方々にお越しいただき、今では遠くからもご来院される方もいらっしゃいます。皆様には心より感謝申し上げます。

医学は、進歩するほどに患者への負担は減ると信じております。
私も含め、スタッフ一丸となって、患者様の負担を少しでも減らすべく、勉強を続けて行きます。医療器機も新しいものを導入して行きます。

相談だけでも構いません、お困りの際はお気軽にいらして下さい。

今後ともチカワデンタルを何卒よろしくお願い致します!

院長 地川 弘一